日本の英語学習の矛盾と問題点は?どうして英語が上達しない?

日本の英語教育は非常に優れていますが、その日本の英語教育における矛盾や問題点について簡単にご紹介していきます。
日本の英語教育のどこに矛盾があるのか、そしてどのような問題があるのかを色々な角度からご紹介していきます。

日本の英語教育に関してなのですが、日本の英語教育の質は世界から見ても非常にレベルが高く、トップクラスであるといえます。
日本の中学や高校などの教育課程においての教育は非常に優れており、あらゆる面において網羅しています。
日本の英語教育をすべてこなせているのであれば、本来は英語圏内における生活で困ることはないといわれているほどです。

英語の文法においては中学生のうちに習うことを理解しておけば、あとはアウトプットするだけです。
それだけで、どの教科書も読んで理解できるくらいです。
しかし、単語力は中学レベルではどうしても不十分です。
単語力を向上させる努力というのは常に求められることです。

クラスメイト同士や授業などで使用されている会話の中身というのは、簡略化されているものが大半ですので、決して難しいものではありません。
日本の中学生英語で習ったことをしっかりと口に出すだけでコミュニケーションは取れるのです。
そのくらいに英語教育はレベルが高いのです。

■どうして英語が苦手なの?
英語教育のレベルが高いはずの日本人は、どうして英語が苦手なのでしょうか。
英語教育の質は世界トップレベルであるにもかかわらず英語が話せない理由は口に出していないからです。
そして本当の英語を耳にする機会が少ないのも関係しています。

どれだけインターネットが発達しているとはいっても、日本国内で生活する限り英語を使う機会はかなり少ないです。
英語を聞く機会が少ないのであれば、当然口にする機会も少ないですので、このような環境が原因で英語が苦手になっているんです。

■アメリカに行くとわかること
アメリカに行くとわかることは、正しい英語でも、間違った英語でも英語を口に出すことでなんとか伝わるということです。
また、相手にゆっくり喋ってもらえばなんとか理解できるのです。
基礎学力が身についているからこそで、ただ口に出すというのが重要になるのです。

日本人は英語が苦手というのではなく、口に出さず、耳にしていないというだけです。
日本人の英語と、中東系やアフリカ系英語を比較してみると、英語がとても正確であるため、自信を持つことができます。
日本人はしっかり英語を勉強できていますし、単純に英語を話す機会が少ないだけなんですよ。

コメント